マイグレーション戦略

Cordovaからキャパシターへの移行は、occur over time、もしくは多くの場合完全に置き換えることができます。この作業はアプリの複雑さに大きく依存します。

なぜマイグレーションしますか?

長期間に渡る安定性と安心感を得るためです。

Capacitorは、Ionicが支えており, Ionicは長期に渡って、Cordovaとより大きなオープンソースのエコシステムのコントリビューターです。IonicはまだCordovaを多用しており、今後も長い間プラットフォームに投資していきます。

Cordovaとの下位互換性もあるので、既存のウェブアプリをいつでも簡単に切り替えることができます。CapacitorはCordovaプラグインのエコシステムをサポートできるように最初から設計されました。したがって、CordovaプラグインをCapacitorで使用するのは簡単です。

なぜIonicでCapacitorを使いますか?

IonicとCapacitorを一緒に使うことは、Ionic FrameworkがCapacitorにはないUIとUXの拡張を提供するので、最高のアプリ エクスペリエンスを構築する方法です。また、Angular、React、Vueなど、お気に入りのウェブアプリのフレームワークでも動作します。

Capacitorのリリースにより、Ionicはそのスタックのほぼすべてをコントロールするようになった。今日Ionicアプリを構築すると、ネイティブランタイムレイヤ(Capacitor)、UIコントロール(Ionic Framework)、コントロールの構築に使用する"Framework"(Stencilを利用したWebコンポーネント)をコントロールできるようになります。重要なのは、私たちが管理しているスタックのどこかに問題があれば、すぐに修正できるということです。私たちがコントロールできない唯一の部分は、あなたが一番上で使うフロントエンドフレームワークです(Angular、React、Vue、またはプレーンのJavaScript)。

Ionic ReactIonic Vueのような新しいIonicを使っていますか? Capacitorは公式にサポートされているネイティブ・ランタイムです。

すでにIonicを使っていますか?Ionic 4へのアップデートを検討ください

CapacitorはどんなIonicプロジェクト(1.0から4.x+)でも動作しますが、最高のアプリ開発体験を楽しむためにはIonic4以上をお勧めします。既存のIonic1から3のアプリがある場合は、Ionic 4 migration guideに従ってください。さらにサポートが必要な場合は、Ionicがお手伝いします。Ionic4トレーニング、アーキテクチャレビュー、移行支援などのアドバイザリーサービス Ionic can help. を利用できます。

Migrationプロセスの概要

既存のCordovaプラグインの監査と移行

既存のCordovaプラグインを監査することから始めます。不要になったプラグインを削除できる場合があります。

次に、Capacitorのすべての core pluginscommunity plugins を確認します。Capacitorに相当するCordovaプラグインに切り替えることができます。また、Cordovaがこれまでサポートしていなかった PWADesktop 機能など、一部のCapacitorプラグインはモバイル以外にも拡張されています。たとえば、 Capacitor CameraCordova Camera を比較します。

プラグインによっては機能が完全に一致しない場合がありますが、必要な機能によっては問題にならない場合があります。

必要に応じて引き続きCordovaまたはIonic Nativeを使用

CordovaやIonic NativeのプラグインをCapacitorアプリで利用するには、 こちらをご覧ください。代わりのプラグインが存在しない場合は、Cordovaプラグインをそのまま使用します。サポートして欲しいプラグインがあれば 教えてください

Capacitorにマイグレーションする 用意はできましたか?

Contributors

BackNext