Native BridgeによるWebアプリのクロスプラットフォーム化

ひとつのコードベースで、iOS、Android、Electron、WebのNative SDKを呼び出します。 Ionic Frameworkアプリケーションに最適化しつつも、任意のWebアプリケーションフレームワークで使用できます。

サポート
Apple, Android, Electron, PWA

クロスプラットフォーム

iOS、Android、Electron、Progressive Web Appsとして それぞれ同じように機能するWebアプリケーションを構築する

Nativeアクセス

各プラットフォームのすべてのNative SDKにアクセスすることができ アプリストア(もちろんWebにも!)に簡単にデプロイできます。

Ionicと使う

CapacitorはWebアプリにNative機能を提供し、 Ionic Frameworkに最適化されています

Web Native

標準化されたウェブテクノロジーを使って何十年も機能するアプリを構築し、 アプリストアやモバイルウェブ上のユーザーに簡単に届ける。

拡張可能

シンプルなPlugin APIでカスタムのNative機能を簡単に追加したり、 互換性レイヤで既存のCordovaプラグインを使用したりできます。

オープンソース

Capacitor完全にオープンソース(MIT)であり、Ionicとそのコミュニティーによって保守されています。